教室の理念

保健所の乳幼児健診で、発達の遅れを指摘する医師や保健師の言葉に傷ついたり不安に思ったことはありませんか?
5分10分見ただけで、お子さんの全てが分かる訳ではないですし
その時たまたま気分が乗っていなかっただけかもしれません。
画一的な枠に収まっていないからと言って心配する必要はないのです。
ただし、3歳までにお子さんに与える環境がその後の成長に大きく関わるのも事実です。
当教室は幼児教育について研究を重ね、子どもたちそれぞれの成長段階に応じた指導方法等のノウハウを持っています。
「えっ!うちの子ってこういうことに没頭するの?」と驚いていただけることでしょう。

当教室では、「自分軸」の形成に力を入れています。
この遊びをしましょうと誘導するのではなく、お子さん自らがやりたいことを優先させることで、「どれが自分にとって楽しいか」を基準に生きる心が身につきます。
また、お子さんと先生のマンツーマン空間なので、他のお子さんと比べることなく、教具に集中でき、達成感を得られます。

こんな悩みのある
おうちの方へ

公園で友達の輪に入れない。

児童館に行くのが苦手。

言葉が遅い気がする。

子どもの落ち着きがない。

友達と物の取り合いになる。

子どもの気持ちがわからない。

他の同じ年齢の子どもとついつい比べてしまう。

幼児教育って、まずは何をすればいいの?


ぜひ、体験教室へいらしてください。

体験のご案内